てんかんとは、脳の障害の一種です。本人は急に意識を失いますが、そのまま倒れるだけでなく、痙攣を起こしたり奇声をあげたりするケースもあります。てんかんへの理解を深め、どんな人でも明るく過ごせる日本を作りましょう。

てんかんに苦しむ男性とてんかんを日本からなくそうと決意をする女性

てんかんの症状を色々解説

てんかんとは、脳の病気の一種で、大脳の神経細胞が過剰に活動することで、激しい電気的な興奮が起こり、けいれんや意識障害などが慢性的に起こる病気です。
てんかんは、紀元前からある病気で、神がかり的なものと思われている時代もありましたが、性別や人種に関係なく、誰にでも発症する病気です。
特に、3歳以下の子供の発症顔奥、その後発病する人が減りますが、60歳を越えた高齢者にも発病が増えています。
一般的なてんかんのイメージは、突然の意識障害やけいれんといった症状を思い浮かべる人も多いかもしれませんが、脳の電気的な興奮が、どこで発症するかによって症状は異なります。
発作には、全般発作と部分発作の2つがあり、全般発作は、脳全体が異常な電気信号に巻き込まれるため、意識が最初からなくなるのが特徴で、強直間代発作や単純欠神発作、複雑欠神発作、点頭発作、脱力発作があります。
強直間代発作は、突然の意識障害や全身のけいれん、脱力などが起こり、手足や体幹などの筋肉がこわばったりつっぱったりして、体がねじれると同時に意識を失います。
この発作は、数分で治まりますが、しばらくは意識がはっきりしないこともあります。
単純欠神発作は、突然短い間だけ意識をなくし、すぐに回復する発作で、周囲の人が発作を起こしたことに気づかないこともあります。子供に多く不真面目な自動だと誤解されることもあります。
複雑欠神発作は、舌なめずりなどの意味のない自動運動や、体を一瞬ビクっとさせたり、突っ張ったりする発作を伴います。
点頭発作は、頭を突然前に倒して、両手を振り上げ、胴体を曲げる形をとる発作で、精神的な発達障害がみられることが多く、特殊な治療が必要となることもあります。
脱力発作は、全身の筋肉の緊張が低下し、崩れるように倒れてしまう発作で、数秒以内の短い時間しか起こらないため、発作に気づかない場合もあります。
また、てんかんの治療にはテグレトールが使用されます。このテグレトールの入手手段には個人輸入という手があり、テグレトールを個人輸入する事で比較的容易に手に入るので、てんかんを治療したいとお考えの方は、個人輸入も考えてみてください。