てんかんとは、脳の障害の一種です。本人は急に意識を失いますが、そのまま倒れるだけでなく、痙攣を起こしたり奇声をあげたりするケースもあります。てんかんへの理解を深め、どんな人でも明るく過ごせる日本を作りましょう。

てんかんに苦しむ男性とてんかんを日本からなくそうと決意をする女性

ためしてガッテンでてんかんが危険か知った時には

てんかんというのは軽く考えている人も少なくありませんが、これは思っている以上に危ない病気であるため自身があるいは周囲に患っている人がいる場合注意をする必要があります。
ためしてガッテンなどのテレビ番組で取り上げられることもありますが、そのようなものを見て少しでも危険性を理解したら注意をしながら生活をする必要があります。

重度のてんかんを患っている人であれば、その危険性も理解をしているものですから気をつけて生活をするものですが、問題は軽度のもので本人やあるいは周囲の人がその重大さに気づいていないパターンです。
てんかんはぱっと見では普通の人と全く変わらず、発作が起きなければ問題となることはありませんからつい見落とされがちです。
しかし、発作はいつ起こるかわかりませんし起こった状況によっては重大な事態に発展するおそれがあるので、てんかんの人は常に発作のことを気にかけていなければなりません。

特にてんかんを患っている人が交通事故を起こして、死亡事故に発展したという例も最近では増えてきましたから十分に注意をして私生活をする必要があります。
最近は発作を薬で抑えることもできるようになってきましたから、適切な治療をすれば健康な人と何一つ変わらずに生活をすることができますが、治療をしないで放っておけばいつどこでどのようなことが起こるのかわからないだけに、てんかんを甘く見るわけには行きません。
直ちに健康や命に影響が出るという病気ではないので、見過ごされがちですがそれだけに非常に危険な病気のひとつとなっているので、てんかんを患っている人であったりあるいは周囲にそのような人がいる場合には、てんかんのことをよく理解した上で生活をする必要があります。