てんかんとは、脳の障害の一種です。本人は急に意識を失いますが、そのまま倒れるだけでなく、痙攣を起こしたり奇声をあげたりするケースもあります。てんかんへの理解を深め、どんな人でも明るく過ごせる日本を作りましょう。

てんかんに苦しむ男性とてんかんを日本からなくそうと決意をする女性

てんかんに関すること【常時と禁忌】

てんかんについては、常時には特に何もない状態で仕事などや学校生活を送れている方々が、多くいます。

一方で、このようなてんかんに関しては、薬の飲み忘れをしてしまうと、突然、意識がなくなり倒れてしまう、または車の運転で大事故を起こしてしまうなどの報告が報告されています。

また、てんかんを持っている方にとって禁忌とされているものには、グレープフルーツや、ミント系のものがあり、なぜ禁忌とされているのか、という点については、てんかんの病気を持っている方の場合、このような食べ物や香りなどによって、脳内に刺激などが走るなどの関係から、「癇癪」を引き起こしてしまうとされているためです。

そのため、グレープフルーツを使ったアロマなどや、ミント系のアロマでも、通常使うものではありますが、てんかんをお持ちの方の場合には、使う際には、十分に気を付けること、または使ってはならないと医師から指導がされるケースがあります。

基本的に、てんかんでも、決して働けない病気ではなく、このようばてんかんをお持ちでも、しっかりと働いている方々は多くおられます。
常時には、普通の人とまったく変わらない優しい方々であり、同時に、とても繊細で優しい人が多いとされています。
細やかな神経をお持ちであるため、常時には、とても素晴らしい人が多いとも言われています。

ただ、このように、薬などの飲み忘れや、禁忌とされる食べ物や香りなどに影響されてしまうと、突然、豹変してしまうことなどがある他、また同時に、突然にめまいなどで倒れてしまい、会社にいる人が驚く、などのことがあります。

しかし、薬などをしっかりと飲んでおり、禁忌の食べ物などや香りを防いでいれば問題はありません。